過去の弁護実績について痴漢(ちかん)・盗撮等の冤罪事案

迷惑防止条例違反:盗撮 不起訴処分

盗撮冤罪事件で不起訴処分をとることができました
事件の概要エスカレーターで携帯電話をいじっていた際にたまたまカメラモードになってしまったところを、盗撮を疑われて取調べを受けた冤罪事案です。
依頼者の属性20代男性
実績事件当時の取調べにおいて既に自白調書を作成されていました。しかし、弁護士に会って冷静さを取り戻した依頼者は、自分はやっていないと真実を告げました。自白から否認に転じた場合、一般的に取調べは厳しくなりますし、反省していないと取られることもあり得ます。 弁護活動を尽くすことで、不起訴処分をとることができ、依頼者は身体拘束もされず前科が付くこともありませんでした。

迷惑防止条例違反:痴漢(ちかん) 不起訴処分

痴漢(ちかん)冤罪事件で不起訴処分をとることができました
事件の概要電車内において、女性に対し着衣の上から臀部等を触った嫌疑をかけられた痴漢(ちかん)冤罪の事案です。
依頼者の属性30代男性/会社員/前科前歴なし
実績逮捕当初から否認しており、目撃証言もあいまいな事案でした。弁護士が証拠不十分を検察官に主張し、徹頭徹尾否認して不起訴処分をとることができました。

強姦(レイプ):事件化阻止

強姦(レイプ)冤罪事件で事件化を阻止することができました
事件の概要不倫相手の女性と同意の上で性行為をしたはずが、相手の夫に浮気がばれ、相手がその場を取り繕うため強姦(レイプ)被害を主張した冤罪事案です。
依頼者の属性60代男性/会社員/前科なし
実績弁護士が、警察と面談し冤罪であることを主張。併せて意見書を提出することで、事件化を阻止することができました。 強姦(レイプ)が冤罪であっても、相手の同意があったことの証明は困難です。ましてや、警察が被害届を受理してしまった後に間違いでしたとは認めにくいもの。 丁寧に事実を積み上げた弁護活動が奏功しました。

強制わいせつ 痴漢(ちかん):不起訴処分

痴漢(ちかん)冤罪事件で不起訴処分をとることができました
事件の概要朝の混雑する通勤電車内において、痴漢(ちかん)行為をしたと疑われて警察へ連行された冤罪事案です。
依頼者の属性30代男性/会社員
実績依頼者は、別の男が被害女性に対して痴漢(ちかん)行為をしているのを目撃しており、被害者が犯人を取り違えた冤罪事件であって、逮捕当初から否認していました。弁護士が証拠不十分を検察官に主張し、徹頭徹尾否認して不起訴処分をとることができました。

強制わいせつ 痴漢(ちかん):不起訴処分

冤罪事件で不起訴処分をとることができました
事件の概要走行中の電車内において痴漢(ちかん)行為を見つけたので、やめさせようと相手の手を払いのけたところ、その行為が痴漢(ちかん)と勘違いされた冤罪事案です。
依頼者の属性40代男性/会社員/同種前歴あり
実績依頼者の冤罪主張について弁護士がともに闘い、弁護士が証拠不十分等を主張し意見書を提出することで事件化を阻止することができました。

迷惑防止条例違反:痴漢(ちかん) 不起訴処分

痴漢(ちかん)冤罪事件で不起訴処分をとることができました
事件の概要走行中の電車内において、被害者と称する女性から、覚えのない痴漢(ちかん)容疑をかけられ逮捕された冤罪事案です。
依頼者の属性30代男性/会社員
実績依頼者の冤罪主張について弁護士がともに闘い、弁護士が証拠不十分等を主張し意見書を提出することで不起訴処分をとることができました。

迷惑防止条例違反:痴漢(ちかん) 不起訴処分

冤罪事件で不起訴処分をとることができました
事件の概要走行中の電車内において、被害者と称する女性から、覚えのない痴漢(ちかん)容疑をかけられ逮捕された冤罪事案です。
依頼者の属性30代男性/自衛官/前科なし
実績依頼者の冤罪主張について弁護士がともに闘い、弁護士が意見書を提出することで不起訴処分をとることができました。

迷惑防止条例違反:痴漢(ちかん) 不起訴処分

痴漢(ちかん)冤罪事件で不起訴処分をとることができました
事件の概要深夜の電車内において、泥酔して痴漢(ちかん)行為をしたと疑われた冤罪事案です。
依頼者の属性40代男性/会社員/前科なし
実績弁護士が、検察官に対し冤罪であることを主張。併せて意見書を提出することで、不起訴処分をとることができました。

迷惑防止条例違反:痴漢(ちかん) 不起訴処分

痴漢(ちかん)冤罪事件で不起訴処分をとることができました
事件の概要走行中の電車内において、痴漢(ちかん)行為をしたと疑われた冤罪事案です。
依頼者の属性30代男性/会社員/前科なし
実績弁護士が、検察官に対し冤罪であることを主張。併せて意見書を提出することで、不起訴処分をとることができました。

迷惑防止条例違反:痴漢(ちかん) 事件化阻止

痴漢(ちかん)冤罪事件で事件化を阻止することができました
事件の概要走行中の電車内において、痴漢(ちかん)行為をしたと疑われた冤罪事案です。
依頼者の属性40代男性/会社員/前科なし
実績弁護士が、警察に対し冤罪であることを主張。併せて意見書を提出することで、警察限りで事件化を阻止することができました。
このページのトップへ
ご家族のための無料相談24時間受付

-逮捕されない・前科をつけない・人に知られない-性犯罪の疑いをかけられたサラリーマンを守る

逮捕前の被疑者とご家族の無料相談窓口03-5532-1112年中無休 24時間受付 東京永田町法律事務所
Copyright ©2011 刑事事件弁護の東京永田町法律事務所 All Rights Reserved.