過去の弁護実績について失職を避けられた性犯罪事案

迷惑防止条例違反:痴漢(ちかん) 不起訴処分

不起訴処分となり、国家資格を失わずに済みました
事件の概要電車内において、酔余の上、女性の臀部を触る痴漢(ちかん)行為の疑いをかけられた事案です。
依頼者の属性30代男性/公認会計士/同種前歴有
実績依頼者には痴漢(ちかん)が2回、女性に対する暴行が1回の前歴があり、同種前歴であることからも、重い処罰が十分想定できる事案でした。しかし、依頼者は公認会計士であったため、禁錮以上となると欠格事由に該当してしまうという困難な事案でした。しかも、依頼者が逃亡する際にはいた発言によって被害感情は峻烈でした。弁護活動を尽くし、検察官に意見書を提出することによって、不起訴処分をとることができました。不起訴で終結したため、資格の欠格事由に該当することもなく依頼者は失職せずに済みました。

強姦致傷:事件化阻止

事件化を阻止し、国家公務員としての職務を失わずに済みました
事件の概要深夜ホテル内で、部下の女性に対しキスやわいせつ行為を行い、それに伴い全治2週間の怪我を負わせたという疑いをかけられた事案です。
依頼者の属性30代男性/国家公務員/前科なし
実績弁護活動を尽くし、事件化を阻止することができました。 前科を付けずに終えられたことで、国家公務員としての職を失うこともなく、依頼者は非常に満足されました。

迷惑防止条例違反:痴漢(ちかん) 失職を避けた

痴漢(ちかん)冤罪事件で会社とともに戦い、失職を避けました
事件の概要電車内において、女性に対し着衣の上から臀部等を触ったという嫌疑をかけられた痴漢(ちかん)冤罪の事案です。
依頼者の属性30代男性/会社員/前科前歴なし
実績逮捕当初から否認しており、目撃証言もあいまいな事案でした。会社には冤罪事件で戦うことを正直に告げ、会社も依頼者を信じて一緒に戦ってもらいました。事件は証拠不十分を検察官に主張し、徹頭徹尾否認して不起訴処分になり、依頼者は無事に職場に復帰することができました。

強制わいせつ:逮捕阻止

逮捕を阻止して、公務員としての職務を失わずに済みました
事件の概要夜間の公園で、ナンパした女性の胸を触ったという疑いをかけられた事案です。
依頼者の属性30代男性/公務員/前科前歴なし
実績夜間、ナンパして被害者と雑談していたが、相手の同意を得られたものと思い胸を触るなどのわいせつ行為をしてしまったところ、被害者が立腹し、被害届を提出すると言い残し立ち去りました。 依頼者は公務員であり、被害者が被害届を出してしまうと失職する可能性もあることから弁護士に依頼しました。 弁護士が被害者の勤務先に訪問し、被害者と被害届を提出しない約束を取りつけ、逮捕を阻止することができました。

迷惑防止条例違反:痴漢(ちかん) 失職を防いだ

スピード解決で、サラリーマンの失職を防ぎました
事件の概要夜間、路上において女性に対する痴漢(ちかん)行為を行った疑いをかけられた事案です。
依頼者の属性30代男性/会社員/前科前歴なし
実績依頼者は、不起訴処分を勝ち取ることよりも、前科が付いたとしても会社を首にならないように一刻も早く事件を終結させることを希望したため、依頼者の要望を満たすべく弁護活動を尽くし、10日間の勾留のみで(勾留延長せずに)事件を終結させて欲しい旨、検察官と交渉しました。その結果、勾留延長されることなく、略式罰金刑で逮捕から約1週間でのスピード終結となりました。

警察にいつ踏み込まれるかの不安を解消した事案の一例

迷惑防止条例違反:盗撮 事件終結

事件直後の弁護活動によって、警察限りで事件を終結しました
事件の概要全国展開の有名コーヒーチェーン店において、ipodを仕掛け盗撮しようとした事案です。
依頼者の属性40代男性
実績依頼者はトイレにカメラを仕掛けたことが発覚したため、一旦は店外へ逃亡したものの、商品の個別番号から足が付くと諦め自首しました。その場では逮捕されずに自宅へ帰されたものの、依頼者はいつ逮捕されるのか不安でたまらなくなり相談にみえた事案です。

弁護士が被害店舗と示談を済ませ、被害届を出さない旨の約束書を取りつけることに成功しました。弁護士が、示談書、約束書と共に意見書を警察に提出することで、逮捕のみならず事件化自体も阻止することができました。

強制わいせつ:逮捕阻止

事件直後の弁護活動によって、逮捕を阻止しました
事件の概要公園で女性の胸を触ってしまった事案です。
依頼者の属性30代男性/公務員/前科前歴なし
実績夜間、ナンパして被害者と雑談していたが、胸を触るなどのわいせつ行為をしてしまったところ、被害者が立腹し、被害届を提出すると言い残し立ち去りました。

依頼者は公務員であり、被害者が被害届を出してしまうと失職する可能性もあり弁護士に依頼。被害者の勤務先に訪問し、被害者と被害届を提出しない約束を取りつけ、逮捕を阻止することができました。

準強姦未遂:事件化阻止

事件直後の弁護活動によって、事件化を阻止しました
事件の概要酔余の上、泥酔した見知らぬ女性とホテルに入り姦淫行為に及ぼうとした事案です。
依頼者の属性30代男性/会社員/前科前歴なし
実績ホテルに入った際には被害者の同意があり、依頼者が服を脱がした際に、被害者が泣いて拒絶したという事案です。依頼者の要望で弁護士が意見書を作成し、事実説明と依頼者の反省の気持ちを代弁して警察に提出しました。これによって事件化を阻止することが出来ました。

強制わいせつ:事件化阻止

弁護活動によって、事件化を阻止しました
事件の概要知人の子供(当時9歳)に対してわいせつ行為をした上、DVDに撮影した事案です。
依頼者の属性40代男性/会社員
実績相談時点においては、まだ被害届が出されていないものの、いつ警察に逮捕されるか不安でならないとのご依頼でした。

依頼者が被害者の親と知り合いであったため、弁護士が早期に示談を締結させ、被害届を提出しない旨の約束書を取りつけることに成功しました。示談書等に弁護士が作成した意見書を添えて警察に提出することで、逮捕のみならず事件化も阻止することができ、依頼者の不安を解消することができました。

強制わいせつ(痴漢):逮捕阻止

事件直後の弁護活動によって、逮捕を阻止しました
事件の概要電車内での痴漢(ちかん)事件として捜査を受けた事案です。
依頼者の属性30代男性/会社員/前科前歴なし
実績逮捕前に依頼を受け、弁護士が逮捕を阻止するための意見書を提出しました。その結果、逮捕されることなく在宅での捜査になりました。
このページのトップへ
ご家族のための無料相談24時間受付

-逮捕されない・前科をつけない・人に知られない-性犯罪の疑いをかけられたサラリーマンを守る

逮捕前の被疑者とご家族の無料相談窓口03-5532-1112年中無休 24時間受付 東京永田町法律事務所
Copyright ©2011 刑事事件弁護の東京永田町法律事務所 All Rights Reserved.