迷惑防止条例違反客引き・その他きゃくひき・そのた

【第7条 不当な客引行為等の禁止違反】何人も、公共の場所において、
不特定の者に対し、次に掲げる行為をしてはならない。

(1)わいせつな見せ物、物品若しくは行為又はこれらを仮装したものの観覧、販売又は提供について、客引きをし、又は人に呼び掛け、若しくはビラその他の文書図画を配布し、若しくは提示して客を誘引すること。
(2)売春類似行為をするため、公衆の目に触れるような方法で、客引きをし、又は客待ちをすること。
(3)異性による接待(風適法第2条第3項に規定する接待をいう。以下同じ。)をして酒類を伴う飲食をさせる行為又はこれを仮装したものの提供について、客引きをし、又は人に呼び掛け、若しくはビラその他の文書図画を配布し、若しくは提示して客を誘引すること(客の誘引にあっては、当該誘引に係る異性による接待が性的好奇心をそそるために人の通常衣服で隠されている下着又は身体に接触し、又は接触させる卑わいな接待である場合に限る。)。
(4)前3号に掲げるもののほか、人の身体又は衣服をとらえ、所持品を取りあげる等執ように客引きをすること。
(5)人の性的好奇心に応じて人に接する役務(性的好奇心をそそるために人の通常衣服で隠されている下着又は身体に接触し、又は接触させる卑わいな役務を含む。以下同じ。)に従事するように勧誘すること。
(6)性交(SEX)若しくは性交(SEX)類似行為又は自己若しくは他人の性器等(性器、肛門又は乳首をいう。以下同じ。)を触り、若しくは他人に自己の性器等を触らせる行為に係る人の姿態であって性欲を興奮させ、又は刺激するものをビデオカメラその他の機器を用いて撮影するための被写体となるように勧誘すること。

客引き行為の禁止

第1号 わいせつ客引き及びわいせつ仮装客引き及び客の誘引行為を禁止
第2号 売春類似行為の客引き及び客待ちを禁止
第3号 キャバクラ等への客引き等を禁止
第4号 第3号以外の客引きのうち、特に悪質な、いわゆる「キャッチ」行為を禁止
第5号及び第6号 性風俗・AVスカウト等誘引行為を禁止

これによって、道路、公園等公共の場所における風俗環境を保持するとともに個人の自由を保護しようとするものです。

第1号 わいせつ客引き及びわいせつ仮装客引き及び客の誘引行為を禁止 について

(1)わいせつ(*1)な見せ物(*2)、物品(*3)若しくは行為(*4)又はこれらを仮装したもの(*5)の観覧、販売又は提供について、客引き(*6)をし、又は人に呼び掛け、若しくはビラその他の文書図画を配布し、若しくは提示して客を誘引すること。

1.「わいせつ」

いたずらに性欲を興奮又は刺激させ、かつ、普通人の正常な性的しゅう恥心を害し、善良な性的道義観念に反することをいいます(最判昭和27.4.1)

2.「見せ物」

不特定又は多数の一般人に見せるためのものをいい、人の行為であると物であるとを問いません。ここでいう見せ物とは、わいせつな見せ物のことで、例えば、全裸のストリップショー、エロ映画などがこれに当たります。

3.「物品」

例えば、裏ビデオテープ、ビニール本、ポルノ写真など

4.「行為」

例えば、いわゆるソープランド、個室マッサージなどで女子従業員が手淫や口淫(フェラチオ)をする行為など

5.「これらを仮装したもの」

例えば、上半身裸で下半身は下着をつけているヌード写真集の上半身のみ見えるようにし、下半身を隠して、買わないかと誘う行為

6.「客引」

相手方を客とするため、言語又は動作によって誘いこむ行為。本人が行う場合であると、本人と共同しあるいは依頼された者が行う場合であるとを問いません。

第2号 売春類似行為の客引き及び客待ちを禁止

(2)売春類似行為(*7)をするため、公衆の目に触れるような方法で、客引きをし、又は客待ち(*8)をすること。

7.「売春類似行為」

対償を受け、又は受ける約束で、不特定の同性者といわゆるアナルセックスなどの性交(SEX)類似行為を行うことをいい、手淫や口淫(フェラチオ)などの性戯は含みません。売春が異性間で行われるのに対し、売春類似行為は同性間で行われるところにその差異があります。

8.「客待ち」

自ら売春類似行為をする意思のあることを表示して、相手方となる者の申込を待つ行為を言います。
例えば、盛り場や駅などにたたずみ、あるいはうろついて、売春類似行為の相手方を物色するような行為がこれに当たります。
客引きのように積極的に人に勧める必要はありませんが、女装するなど自ら売春類似行為をする意思のあることを一般公衆に示すものであることが必要です。

第3号 キャバクラ等への客引き等を禁止

(3)異性による接待(風適法第2条第3項に規定する接待をいう。以下同じ。)をして酒類を伴う飲食をさせる行為又はこれを仮装したものの提供について、客引きをし、又は人に呼び掛け、若しくはビラその他の文書図画を配布し、若しくは提示して客を誘引すること(客の誘引にあっては、当該誘引に係る異性による接待が性的好奇心をそそるために人の通常衣服で隠されている下着又は身体に接触し、又は接触させる卑わいな接待(*9)である場合に限る。)。

9.「性的好奇心をそそるために人の通常衣服で隠されている下着又は身体に接触し、又は接触させる卑わいな接待」

異性による接待が客の性的な感情を著しく刺激する目的であると社会通念上認められるもので、女性の胸及び股間周辺、男性の股間周辺など、通常人であれば公衆の面前では衣服で隠す部分の下着又は身体を触り、又は触らせる、いやらしく淫らな接待といいます。

捜査上のポイント

1.公共の場所であることの立証

実況見分調書等により明らかにする。

2.客引等の目的の立証

被疑者の供述、証拠物等により明らかにする。

3.勧誘手段の立証

被疑者及び相手方の供述等により明らかにする。

このページのトップへ

量刑 性犯罪

これまで実際に起きた事件と判決・処分例などが分かります。

性犯罪量刑客引き・その他

迷惑防止条例違反(簡裁)

事件の概要

路上で、通行人に対し、個室マッサージ店の客とするため、人の身体をとらえる等執拗に客引きをした事案です。

被疑者(被告人)の属性

40代男性/前科1犯

判決・処分

罰金20万円
労役場留置1日あたり5000円

事案の特徴

被告人は、最終刑終了後10年後の犯行であったため、量刑にはほとんど影響を及ぼしていないものと思われます。

迷惑防止条例違反(簡裁)

事件の概要

路上で、通行人に対し、キャバクラの客とするため、執拗につきまとって誘い客引きをした事案です。(未決罰金額に満つるまで算入)。

被疑者(被告人)の属性

30代男性/前科無

判決・処分

罰金20万円

迷惑防止条例違反(簡裁)

事件の概要

歩道上で、自己の口淫(フェラチオ)行為等の客とするため、人の身体をとらえる等執拗に客引きをした事案です。

被疑者(被告人)の属性

50代女性

判決・処分

罰金20万円

迷惑防止条例違反

事件の概要

共犯者と、常習として、路上で、通行人に対し、ソープランドへ客を誘引した事案です。

被疑者(被告人)の属性

50代男性/前科12犯(うち罰金9/同種9)

判決・処分

懲役3月

事案の特徴

被告人は、執行猶予期間中の犯行でした。

このページのトップへ

性犯罪量刑ビラ貼り

迷惑防止条例違反(簡裁)

事件の概要

路上で、住居等に配る目的で、ビラ2,913枚を所持した事案です。(未決罰金額満つるまで算入・1日5000円)。

被疑者(被告人)の属性

60代男性/前科無

判決・処分

罰金20万円

迷惑防止条例違反

事件の概要

常習として、公衆電話ボックスへビラ31枚在中の小冊子1冊を置いた事案です。

被疑者(被告人)の属性

50代男性/前科1犯(罰金1/同種1)

判決・処分

懲役4月 執行猶予3年
(保護観察付)

事案の特徴

被告人は、前裁判の判決日の翌々日から犯行を再開しており情状は悪いものです。

迷惑防止条例違反(簡裁)

事件の概要

公衆電話ボックスへのビラ貼り6枚(台紙に貼りつけたもの)を行った事案です。

被疑者(被告人)の属性

前科7犯

判決・処分

罰金20万円

迷惑防止条例違反(簡裁)

事件の概要

公衆電話ボックスへのビラ貼り16枚(台紙2枚に貼りつけたもの)を行った事案です。

被疑者(被告人)の属性

前科1犯

判決・処分

罰金20万円

迷惑防止条例違反(簡裁)

事件の概要

ポール式公衆電話の上部掲示板へのビラ貼り18枚(台紙に貼りつけたもの)を行った事案です。

被疑者(被告人)の属性

前科無

判決・処分

罰金20万円

迷惑防止条例違反(簡裁)

事件の概要

公衆電話ボックスへのビラ貼り6枚(台紙に貼りつけたもの)を行った事案です。

被疑者(被告人)の属性

前科無

判決・処分

罰金20万円

迷惑防止条例違反(簡裁)

事件の概要

道路標識へのビラ貼り(小冊子型1冊)を行った事案です。

被疑者(被告人)の属性

前科無

判決・処分

罰金20万円

迷惑防止条例違反(簡裁)

事件の概要

共犯者と、公衆電話ボックスへのビラ貼り4枚(台紙に貼りつけたもの)を行った事案です。

被疑者(被告人)の属性

前科1犯

判決・処分

罰金20万円

迷惑防止条例違反(簡裁)

事件の概要

公衆電話ボックスへのビラ貼り4枚(台紙に貼りつけたもの)を行った事案です。

被疑者(被告人)の属性

前科5犯

判決・処分

罰金30万円

事案の特徴

被告人には17年以上前の同種前科が有ります。しかし、年月が経過しているのでほとんど量刑に影響を及ぼしていないでしょう。

迷惑防止条例違反(簡裁)2件

事件の概要

①道路標識へのビラ貼り(小冊子型2冊)を行った事案です。
②街灯へのビラ貼り(小冊子型1冊)を行った事案です。

被疑者(被告人)の属性

前科1犯

判決・処分

罰金30万円

迷惑防止条例違反(簡裁)

事件の概要

共犯者と、公衆電話ボックスへのビラ貼り12枚(台紙に貼りつけたもの)を行った事案です。

被疑者(被告人)の属性

前科3犯(うち同種1)

判決・処分

罰金40万円

迷惑防止条例違反(簡裁)

事件の概要

共犯者と、公衆電話ボックスへのビラ貼り4枚(台紙に貼りつけたもの)を行った事案です。

被疑者(被告人)の属性

前科3犯(うち同種2)

判決・処分

罰金50万円

迷惑防止条例違反

事件の概要

常習として、公衆電話ボックスへビラ2枚を置いた事案です。

被疑者(被告人)の属性

前科25犯(うち同種19)

判決・処分

懲役4月 執行猶予2年

軽犯罪法違反(簡裁)

事件の概要

公衆電話ボックスへのビラ貼り9枚の事案です。(台紙に貼りつけたもの)。

被疑者(被告人)の属性

40代男性/前科12犯(うち同種12)

判決・処分

拘留20日

軽犯罪法違反(簡裁)2件

事件の概要

①該当へのビラ貼り4枚を行った事案です。
②公衆電話ボックスへのビラ貼り5枚を行った事案です。

被疑者(被告人)の属性

前科22犯(うち同種16)

判決・処分

即日判決 拘留各7日

事案の特徴

被告人は、執行猶予期間中の犯行でした。

軽犯罪法違反(簡裁)

事件の概要

電柱へのビラ貼り1枚を行った事案です。

被疑者(被告人)の属性

前科12犯(うち同種10)

判決・処分

拘留7日

軽犯罪法違反(簡裁)4件

事件の概要

①公衆電話ボックスへのビラ32枚添付のビニールシート貼りつけした事案です。
②公衆電話ボックスへのビラ32枚添付のビニールシート貼りつけ及びビラ6枚在中の封筒2袋貼りつけした事案です。
③公衆電話ボックスへのビラ32枚添付のビニールシート貼りつけ及びビラ6枚在中の封筒2袋貼りつけした事案です。
④公衆電話ボックスへのビラ31枚添付のビニールシート貼りつけした事案です。

被疑者(被告人)の属性

同種前科11犯

判決・処分

拘留各15日

軽犯罪法違反(簡裁)4件

事件の概要

①公衆電話ボックスへのビラ貼り8枚(台紙に貼られたもの)を行ったもの。
同様の行為をあと3件行った事案です。

被疑者(被告人)の属性

前科6犯(うち同種4)

判決・処分

拘留各15日

このページのトップへ
ご家族のための無料相談24時間受付

-逮捕されない・前科をつけない・人に知られない-性犯罪の疑いをかけられたサラリーマンを守る

逮捕されたご家族のために
無料相談24時間受付中03-5532-1112
Copyright ©2011 刑事事件弁護の東京永田町法律事務所 All Rights Reserved.