風営法・風適法違反風営法・風適法ふうえいほう・ふうてきほう

【風営法・風適法違反】(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律)
風営法、風適法と略されて呼ばれることが多いですが、正式名称は、「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」といいます。

定期的にニュースを騒がせる事件ですが、噂がたって問題になるようです。(実際の事件と判決・処分例はこちら

風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律

この法律で規制の対象とする「風俗営業」の種別については、第2条1項の各号において規定されています。

条文整理






キャバレーその他設備を設けて客にダンスをさせ、かつ、客の接待をして客に飲食させる営業(以下「1号営業」という)



待合、料理店、カフェーその他設備を設けて客の接待をして客に遊興又は飲食をさせる営業(1号営業に該当する営業を除く)(以下「2号営業」という)


ナイトクラブその他設備を設けて客にダンスをさせ、かつ、客に飲食をさせる営業(1号営業に該当する営業を除く)(以下「3号営業」という)


ダンスホールその他設備を設けて客にダンスをさせる営業(1号営業又は3号営業に該当する営業を除く)(以下「4号営業」という)


喫茶店、バーその他設備を設けて客に飲食をさせる営業で、国家公安委員会規則で定めるところにより計った客席における照度を10ルクス以下として営むもの(1号営業、2号営業、3号営業として営むものを除く)(以下「5号営業」という)


喫茶店、バーその他設備を設けて客に飲食をさせる営業で、他から見通すことが困難であり、かつ、その広さが5平方メートル以下である客席を設けて営むもの(以下「6号営業」という)


マージャン屋、ぱちんこ屋その他設備を設けて客に射幸心をそそるおそれのある遊技をさせる営業(以下「7号営業」という)


スロットマシン、テレビゲーム機その他の遊技設備で本来の用途以外の用途として射幸心をそそるおそれのある遊技に用いることができる、国家公安委員会規則で定めるものを備える店舗その他これに類する区画された施設において当該遊技設備により客に遊技をさせる営業(7号営業に該当する営業を除く。また、遊技設備を備える施設については、旅館業その他の営業の用に供し、又はこれに随伴する施設で政令で定めるものが規制対象から除外される)(以下「8号営業」という)
「風俗営業」を営もうとする者は、その営もうとする営業の種別及び営業所ごとに都道府県公安委員会の許可を受けなければなりません。








性風俗特殊営業
(H10年改正により)
性風俗関連営業  店舗型性風俗特殊営業

無店舗型性風俗特殊営業
映像送信型性風俗特殊営業
店舗型電話異性紹介営業
無店舗型電話異性紹介営業
H13年の改正によって「性風俗関連特殊営業」として整理されました。「性風俗関連特殊営業」については届出制とし、無届出の営業に対して罰則を設けているほか、善良の風俗、清浄な風俗環境又は少年の健全な育成に障害を及ぼすおそれのある客引き行為等の特定の行為及び特定の区域・地域での営業について罰則をもって禁止ししています。さらに、公安委員会による罰則規定のある法令違反等を理由とする営業の停止処分、営業の廃止処分を認め、この公安委員会の処分に対する違反行為について罰則を適用することなど種々の規制を加えています。










バー、酒場等、深夜(午前0時から日の出時)において、設備を設けて客に酒類を提供して営む飲食店営業(営業の常態として、通常主食と認められる食事を提供して営むものを除く。)

1号営業(キャバレー等)

飲食店営業の許可(食品衛生法52条)を受けているか否かは、1号営業の要件ではありません。

「接待」とは、歓楽的雰囲気を醸し出す方法により客をもてなすことです。
飲食物の提供行為に通常伴うサービスの提供の程度を超え、歓楽、慰安を期待して来店するそれぞれの特定の客を対象とし、その期待に応えるための経営者側の積極的な行為として、談笑、お酌、踊り、ほめそやし、遊戯等での歓楽的雰囲気を醸し出すことのできる方法により個々の客をもてなすことをいいます。

  • 客のそばにはべり、談笑の相手となりながら、お酌をする行為は、「接待」に当たります。
  • お酌をしたり、水割りを作ったりするものの、直ちにその場を立ち去る行為は、「接待」に当たりません。
  • カウンター内で客の注文に応じて酒類等を提供するだけの行為に付随して社交儀礼的に挨拶を交わす程度の行為は、「接待」に当たりません。
  • 接待者は女子に限られません。

性風俗関連特殊営業について

性風俗関連特殊営業に関する規制の概要

善良の風俗、清浄な風俗環境及び少年の健全な育成に影響を及ぼす性風俗関係の営業のうち特定の種別の営業について、これを「性風俗関連特殊営業」と定義し、風俗営業とは異なり、これを許可制とはせずに届出制とし、無届での性風俗関連営業罪等の性風俗関連特殊営業に関する届出制度を維持するための罰則を設けているほか、善良の風俗、清浄な風俗環境又は少年の健全な育成に障害を及ぼすおそれのある客引き行為等の特定の行為及び特定の区域・地域での営業を罰則をもって禁じ、また、公安委員会による罰則規定のある法令違反等を理由とする営業の停止処分、営業の廃止処分を認め、この公安委員会の処分に対する違反行為について罰則を適用することとするなど、性風俗関連特殊営業に関し、種々の規制を加えています。

(1)店舗型性風俗特殊営業

第2条第6項

ソープランド等浴場業(公衆浴場法1条1項に規定する公衆浴場を業として経営することをいう。)の施設として個室を設け、当該個室において異性の客に接触する役務を提供する営業
サービス内容としては、客の身体を洗うこと、マッサージをすること、その他客の身体に触れる一切の役務です。
業として公衆浴場を経営するためには都道府県知事の許可が必要(公衆浴場法2条)ですが、ソープランドなどについては、公衆浴場業の許可を要件としていません。ただし、性風俗関連特殊営業としての届出をする必要があります。

ファッションヘルス、個室マッサージ等個室を設け、当該個室において異性の客の性的好奇心に応じてその客に接触する役務を提供する営業(1号営業に該当する営業を除く。)
客の性的な感情に応えてサービスを提供することが要件であり、通常のマッサージはこれに該当しません。客の性的好奇心に応じたものが否かについては、風俗嬢の言動、サービスの内容等によって客観的に判断されます。

ストリップ劇場、ヌードスタジオ、個室ビデオ、のぞき部屋等専ら、性的好奇心をそそるため衣服を脱いだ人の姿態を見せる興行その他の善良の風俗又は少年の健全な育成に与える影響が著しい興行の用に供する興行場(興行場法1条1項に規定するものをいう)として政令で定めるものを経営する営業
一般に興行場(映画、演劇、音楽、スポーツ、演芸又は観せ物を、公衆に見せ、又は聞かせる施設)を経営するためには、都道府県知事の許可を受けなければなりません(興行場法2条)が、第3号の営業に関しては、このような許可は要件としていません。第3号に該当する興行場(ヌードスタジオ、のぞき劇場やのぞき部屋、ストリップ劇場)について、政令で定めることになっています。
興行場について、営業者又はその代理人等が、当該営業に関し、刑法第174条(公然わいせつ)若しくは第175条(わいせつ物頒布等)の罪又は児童買春・児童ポルノ禁止法第7条(児童ポルノ頒布等)の罪を犯した場合には、公安委員会は、当該施設を用いて営む興行場営業について営業の停止を命ずることができ(法35条)、この命令違反した場合に対しては、2年以下の懲役若しくは200万円以下の罰金又はこれを併科されます(法49条4号)。

ラブホテル、モーテル、レンタルルーム等専ら異性を同伴する客の宿泊(休憩を含む)の用に供する政令で定める施設(政令で定める構造又は設備を有する個室を設けるものに限る)を設け、当該施設を当該宿泊(休憩を含む)に利用させる営業
政令で定める施設、個室の構造、設備については、施行令第3条が、レンタルルーム、モーテル、ラブホテルの営業形態に関する具体的な定義、構造、設備規定を定めています。
※風適法施行令改正に伴いラブホテル・モーテルの営業の範囲が拡大されました。

アダルトショップ、大人のおもちゃ屋等店舗を設けて、専ら、性的好奇心をそそる写真、ビデオテープその他の物品で政令で定めるものを販売し、又は貸し付ける営業
該当物品は、
  • 衣服を脱いだ人の姿態を被写体とする写真又はその複製物
  • 前号に掲げる写真又はその複製物を主たる内容とする写真集
  • 衣服を脱いだ人の姿態の映像を主たる内容とするフィルム又はビデオテープ、ビデオディスク、CD-ROMその他電磁的方法による記録に係る記録媒体
  • 性具その他の性的な行為の用に供する物品、性器を模した物品、性的な行為を表す写真その他の物品又はこれらに類する物品

出会い系喫茶等前各号に掲げるもののほか、店舗を設けて営む性風俗に関する営業で、善良の風俗、清浄な風俗環境又は少年の健全な育成に与える影響が著しい営業として政令で定めるもの
風適法施行令5条店舗を設けて、専ら、面識のない異性との一時の性的好奇心を満たすための交際(会話を含む。)を希望する者に対し、当該店舗内においてその者が異性の姿態若しくはその画像を見てした面会の申込みを当該異性に取り次ぐこと又は当該店舗内に設けた個室若しくはこれに類する施設において異性と面会する機会を提供することにより異性を紹介する営業
※風適法施行令改正に伴い「出会い系喫茶営業」が風適法2条6項6号に規定する店舗型性風俗特殊営業に追加されました。

(2)無店舗型性風俗特殊営業

第2条第7項

派遣型ファッションヘルス等人の住居又は人の宿泊の用に供する施設において異性の客の性的好奇心に応じてその客に接触する役務を提供する営業で、当該役務を行う者を、その客の依頼を受けて派遣することにより営むもの

アダルトビデオ等通信販売電話その他の国家公安委員会規制で定める方法による客の依頼を受けて、専ら、前項第5号の政令で定める物品を販売し、又は貸し付ける営業で、当該物品を配達し、又は配達させることにより営むもの
客の依頼を受ける方法については、電話その他電気通信設備を用いる方法、郵便、電報、預金若しくは貯金の口座に対する振込み又はその営業を営む者の事務所以外の場所において客と対面する方法による(国家公安委員会規則に規定あり)。
該当物品は、
  • 衣服を脱いだ人の姿態を被写体とする写真又はその複製物
  • 前号に掲げる写真又はその複製物を主たる内容とする写真集
  • 衣服を脱いだ人の姿態の映像を主たる内容とするフィルム又はビデオテープ、ビデオディスク、CD-ROMその他電磁的方法による記録に係る記録媒体
  • 性具その他の性的な行為の用に供する物品、性器を模した物品、性的な行為を表す写真その他の物品又はこれらに類する物品
1号について

「派遣」とは、客に接触する役務を提供する者を差し遣わすこと、すなわち、物理的に人を移動させることを意味し、単なる職業紹介やあっせんは含みません。
人の住居又は人の宿泊の用に供する施設以外の場所で客と会った後、人の住居又は人の宿泊の用に供する役務を提供するような形態のものも含まれます。

2号について

「客の依頼」を受ける方法については、
一定の限定があり、国家公安委員会規則において、電話その他電気通信設備を用いる方法、郵便、電報、預金若しくは貯金の口座に対する払い込み又はその営業を営む者の事務所以外の場所において客と対面する方法が定められています。

このページのトップへ

(3)映像送信型性風俗特殊営業

第2条第8項
映像送信型性風俗特殊営業インターネット等利用のアダルト画像送信営業専ら、※1 性的好奇心をそそるため※2 性的な行為を表す場面※3 又は衣服を脱いだ人の姿態の映像を見せる営業で、電気通信設備を用いてその客に当該映像を伝達すること(放送又は有線放送に該当するものを除く。)により営むものをいう。

映像送信型性風俗特殊営業を営むための規制

  • 公安委員会への営業所等の届出義務
  • 広告・宣伝の制限
  • 公安委員会の指示等の規制
  • 18歳未満の年少者を客としないための措置命令に違反した場合の罰則

具体的な営業形態

  • インターネット上のホームページを利用する形態
  • ダイヤルQ2
  • パソコン通信を利用するなどしてアダルト映像を送信する形態などがあります。

※①「専ら」とは

伝達する映像全体において衣服を脱いだ人の姿態等の映像が占める割合が、概ね7〜8割以上をいうとされています(警察庁の解釈運用基準(平成18年4月24日・警察庁生活安全局)より)
たとえば、客に伝達する映像の5割が動物の映像で残りの5割が衣服を脱いだ人の姿態の映像である場合や、5日間は動物の映像を伝達し、5日間は衣服を脱いだ人の姿態の映像を伝達する場合は、「専ら」に該当しないので、映像送信型性風俗特殊営業をしていることにはなりません。

※②「性的好奇心をそそるため」とは、

  • 衣服を脱いだ人の姿態で、次に掲げるもの
    • 大腿部を開いた状態
    • 陰部、臀部又は胸部を誇示した姿態
    • 自慰の姿態
    • 排泄の姿態
    • 愛撫の姿態又はこれを連想させる姿態
    • 緊縛の姿態
  • 性的な行為を表す場面で、次に掲げるもの
    • 男女間の性交(SEX)又は性交(SEX)を連想させるもの
    • 強姦、集団強姦その他の凌辱行為
    • 性交(SEX)類似行為
    • 変態性欲に基づく性行為(SEX)

※③「性的な行為を表す場面」とは

  • 自慰行為
  • 性交(SEX)
  • 性交(SEX)類似行為等を行っている場面

(4)電話異性紹介営業

第2条第9項
店舗型電話異性紹介営業テレホンクラブ(入店型)店舗を設けて、専ら、面識のない異性との一時の性的好奇心を満たすための交際(会話を含む、次項において同じ。)を希望する者に対し、会話(伝言のやりとりを含むものとし、音声によるものに限る。以下同じ。)の機会を提供することにより異性を紹介する営業で、その一方の者からの電話による会話の申込を電機通信設備を用いて当該店舗内に立ち入らせた他の一方の者に取り次ぐことによって営むもの(その一方の者が当該営業に従事する者である場合におけるものを含む。)
第2条第10項
無店舗型電話異性紹介営業ツーショットダイヤル、伝言ダイヤル専ら、面識のない異性との一時の性的好奇心を満たすための交際を希望する者に対し、会話の機会を提供することにより異性を紹介する営業で、その一方の者からの電話による会話の申込を電機通信設備を用いて当該店舗内に立ち入らせた他の一方の者に取り次ぐことによって営むもの(その一方の者が当該営業に従事する者である場合におけるものを含むものとし、前項に該当するものを除く。)

「会話」について

「会話」は伝言のやりとりを含むものとし、音声によるものに限るとされています。

※②「性的好奇心をそそるため」とは、

  • 衣服を脱いだ人の姿態で、次に掲げるもの
    • 大腿部を開いた状態
    • 陰部、臀部又は胸部を誇示した姿態
    • 自慰の姿態
    • 排泄の姿態
    • 愛撫の姿態又はこれを連想させる姿態
    • 緊縛の姿態
  • 性的な行為を表す場面で、次に掲げるもの
    • 男女間の性交(SEX)又は性交(SEX)を連想させるもの
    • 強姦、集団強姦その他の凌辱行為
    • 性交(SEX)類似行為
    • 変態性欲に基づく性行為(SEX)

※③「性的な行為を表す場面」とは

  • 自慰行為
  • 性交(SEX)
  • 性交(SEX)類似行為等を行っている場面
業者が用意した録音機器などに予めメッセージを登録して、業者のシステムを介して面識のない異性との音声によるメッセージの交換を行う伝言ダイヤルについては、「会話」と言えるのでしょうか?
対象となる「会話」には伝言のやりとりを含みますので、いわゆる伝言ダイヤルについても規制の対象となります。
出会い系サイトについても、掲示板でのやりとりであるという点を除いては、業者のシステムを介して面識のない異性とのメッセージ交換である点には変わりがないので、規制の対象になりますか?
出会い系サイトは音声による会話の機会の提供がないため対象とはされていません。
ただし、出会い系サイトにかかる行為の規制については、平成15年通常国会で成立した「インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律」(所謂「出会い系サイト規制法」)によって別途規制が設けられています。
このページのトップへ
ご家族のための無料相談24時間受付

-逮捕されない・前科をつけない・人に知られない-性犯罪の疑いをかけられたサラリーマンを守る

逮捕されたご家族のために
無料相談24時間受付中03-5532-1112
Copyright ©2011 刑事事件弁護の東京永田町法律事務所 All Rights Reserved.