ストーカー規制法ストーカーす と ー か ー

【ストーカー規制法】平成12年5月18日、第147回通常国会において「ストーカー行為等の規制等に関する法律(ストーカー規制法)」として成立し、11月24日から施行された法律です。この法律はストーカー行為等を処罰するなど必要な規制と、被害者に対する援助等を定めています。

通り魔的に被害にあってしまうケースのほか、元恋人や職場の同僚など顔見知りによる犯行も多いようです。(実際の事件と判決・処分例はこちら

ストーカーとは

ストーカーとは、同一の者に対し、恋愛感情その他の好意やそれが満たされなかったことに対する怨恨により、つきまといなどを反復して行う人間のことをいいます。

ストーカー規制法による規制の対象

この法律では、特定の者に対する恋愛感情その他の好意感情又はそれが満たされなかったことに対する怨恨の感情を充足する目的で、その特定の者又はその家族などに対して行う以下の8つの行為を「つきまとい等」と規定し、規制しています。

つきまとい等

1.つきまとい・待ち伏せ・押しかけ

つきまとい、待ち伏せし、進路に立ちふさがり、住居、勤務先、学校その他その通常所在する場所(以下「住居等」という。)の付近において見張りをし、又は住居等に押しかけること。

【具体例】
  • 尾行しつきまとう
  • 通勤途中など被害者の行動先で待ち伏せする
  • 被害者の進路に立ちふさがる
  • 被害者の自宅や職場、学校などの付近で見張りをしている
  • 被害者の自宅や職場、学校などに押しかける
2.監視していると告げる行為

その行動を監視していると思わせるような事項を告げ、又はその知り得る状態に置くこと。例えば、「今日はAさんと一緒に銀座で食事をしていましたね」と、口頭・電話や電子メール等で連絡する(「告げる」)ことや、自転車の前カゴにメモを置いておくなどする(「知り得る状態に置く」)ことをいいます。

3.面会・交際の要求

面会、交際その他の義務のないことを行うことを要求すること。例えば、拒否しているにもかかわらず、面会や交際、復縁又は贈り物を受け取るよう要求することがこれにあたります。

4.乱暴な言動

著しく粗野又は乱暴な言動をすること。例えば、大声で「バカヤロー」と粗野な言葉を浴びせることや、家の前でクラクションを鳴らすことなどはこれにあたります。

5.無言電話、連続した電話、ファクシミリ

電話をかけて何も告げず、又は拒まれたにもかかわらず、連続して、電話をかけ若しくはファクシミリ装置を用いて送信すること。例えば、無言電話をかけることや、拒否しているにもかかわらず、短時間に何度も電話をかけたりFAXを送りつけることがこれにあたります。

6.汚物などの送付

汚物、動物の死体その他の著しく不快又は嫌悪の情を催させるような物を送付し、又はその知り得る状態に置くこと。例えば、汚物や動物の死体など、不愉快や嫌悪感を与えるものを自宅や職場に送りつけることがこれにあたります。

7.名誉を傷つける

その名誉を害する事項を告げ、又はその知り得る状態に置くこと。例えば、中傷したり名誉を傷つけるような内容を告げたり文書などを届けることがこれにあたります。

8.性的しゅう恥心の侵害

その性的しゅう恥心を害する事項を告げ若しくはその知り得る状態に置き、又はその性的しゅう恥心を害する文書、図画その他の物を送付し若しくはその知り得る状態に置くこと。例えば、わいせつな写真などを、自宅に送りつけたり、電話や手紙で卑劣な言葉を告げて辱めようとしたりすることなどがこれにあたります。

このページのトップへ

「ストーカー行為」とは

同一の者に対し「つきまとい等」を繰り返して行うことを「ストーカー行為」と規定して、罰則を設けています。但し「つきまとい等」の1〜8までの行為にあっては、身体の安全、住居等の平穏若しくは名誉が害され、又は行動の自由が著しく害される不安を覚えさせるような方法により行われた場合に限ります。

ストーカー事件の流れ

つきまとい等の被害者は自宅の最寄りの警察署(警視庁ストーカー対策室)に相談します。
被害者の申し出に応じて、「つきまとい等」を繰り返している相手方に警察署長等から「ストーカー行為をやめなさい」と注意・警告することができます。
さらに、警告に従わないで相手方がつきまとい等をした場合は、東京都公安委員会が聴聞を実施して「その行為をやめなさい」と禁止命令を行うことができます。
相手方が、禁止命令に違反して「ストーカー行為」をすると、ストーカー規制法によって1年以下の懲役又は100万円以下の罰金が科されます。

また、被害者は、警察に警告の申し出を依頼するだけでなく、相手を告訴して、処罰を求めることができます。
警察は、告訴がなければ検挙することはできません。
この罰則は、6月以下の懲役又は50万円以下の罰金です。

これらの他にも警察は、被害者からの申し出により、被害者に対して、ストーカー被害を防止するための教示や防犯ブザーの貸出も行っています。

※警告実施後、約90%の者がその後の行為をやめていますが、警告後の行為者の動向については、警察が定期的に被害者等との連絡を行うことにより適切な対応に努めているようです。

ストーカー事件の流れ

ストーカー事件の流れ

神奈川県警察HPより

防犯の心構え

  • 外出時は、防犯ブザーを携帯する
  • いつでも110番できるように携帯電話を携行するか、公衆電話の所在地を確認しておく
  • 万一の場合は、交番、コンビニ等へかけ込み助けを求める
  • 夜間の一人歩きはできるだけ避け、明るく人通りの多い道を歩く
  • 家人に迎えに来てもらうか、タクシー等を利用する
  • 家や職場を出る時は、周囲をよく見て不審者がいないか警戒する
このページのトップへ

ストーカー規制法違反以外の犯罪について

思いを寄せる相手の声を聞きたくて、イタズラ電話をする行為はストーカー行為でしょうか?
無言電話をかけたり、拒否しているにもかかわらず短時間に何度も連続して電話をかける行為はストーカー規制法の「つきまとい等」に該当します。 また、これに該当しない場合であっても、いわゆるイタズラ電話は、各都道府県の迷惑防止条例違反や、刑法の威力業務妨害罪に該当する場合があります。
郵便受けから郵便物を盗む行為はストーカー行為でしょうか?
窃盗罪に該当します。
また、住人でなければ立ち入れない場所に郵便受けがあるような場合には、住居侵入罪についても成立します。
預かっていた信書を勝手に開封する行為はストーカー行為でしょうか?
信書開封罪に該当します。

ストーカー規制法の改正

ストーカー規制法が改正され、規制が強化されました。

(平成25年6月26日成立/平成25年7月23日施行)

執拗なメールも規制の対象

嫌がる相手に対する待ち伏せや電話、ファックスを執拗に送り付けることなどに加えて、繰り返しメールを送信する行為も規制の対象となりました。

禁止命令等をすることができる警察署・公安委員会等の拡大

被害者の住所地だけでなく、加害者の住所地やストーカー行為が行われた地域の警察署や公安委員会も、加害者に対して警告や禁止命令を出すことができるようになりました。

警告・禁止命令の通知

警察や公安委員会が加害者に対して警告や禁止命令を出した場合、被害者に対して警告や禁止命令を出した旨の通知がなされます。

ストーカー規制法違反の事例紹介

ストーカー規制法制定の契機となった事件

1999年10月26日、JR桶川駅西口で女子大学生S子さん(21歳)が、元恋人の関係者によって殺害されました。S子さんは元恋人から様々な嫌がらせや脅迫を受け、S子さんと両親は埼玉県警上尾署に幾度か相談し、告訴状を提出していました。しかし、上尾署の担当者は、元恋人との私的なトラブルと判断し、ほとんど捜査を行わなかった上に、捜査義務の生じる告訴状を単なる被害届に改ざんしていました。
警察官による虚偽有印公文書作成という違法行為は、S子さんが殺害された後で明らかになりました。2000年4月6日に、内部調査を進めていた県警は、上尾署員による告訴状の改ざんを認定し、これに関わっていた元署員3人を懲戒免職処分とし、書類送検しました。のちにこの3人は裁判で有罪判決を受けました。

ストーカー規制法改正の契機となった事件

2012年11月6日、神奈川県逗子市のアパートでフリーデザイナーの女性(33)が刃物で刺殺され、犯人の元交際相手の男(40)=東京都=が同じアパートの2階の出窓にひもをかけ、首吊り自殺しました。
2人はかつて交際していたが、別れた後被害女性は結婚し逗子市に転居していました。被害女性は男には新しい姓や住所は隠していたのだが、被害女性の結婚を知った男から嫌がらせメールが届くように。メールは次第にエスカレートし、「刺し殺す」などと被害女性を脅す内容のものなど1日に80~100通、計1089通もの嫌がらせメールが送られました。当時ストーカー規制法では連続電話やFAXを「つきまとい行為」として禁止していたものの、連続メールについては規定されていなかったことが盲点とされました。

最近のストーカーによる殺人事件

2013年10月8日、東京都三鷹市井の頭の路上で、付近に住む私立高校3年の女性が首と腹を刺され死亡しました。警視庁三鷹署は事件発生から約1時間半後、市内の路上で目撃情報に似た男を発見。ズボンに血痕があり犯行を認めたため殺人未遂容疑で緊急逮捕しました。
被害女性は、同日午前9時頃、両親と同署を訪れ、「昨年まで交際していた男に数日前から待ち伏せなどのつきまとい行為をされている」と訴えていたといいます。

改正ストーカー規制法により、執拗なメールによるストーカー相次ぐ逮捕
執拗なメール、ストーカー男に懲役8月 岡山地裁判決

元交際相手の女性に執拗にメールを送ったなどとして、ストーカー規制法違反罪などに問われた岡山市中区中井、無職の男(29)に岡山地裁は2013年10月7日、懲役8月(求刑懲役1年2月)の判決を言い渡しました。
判決理由で國井香里裁判官は「不倫関係の破綻から連絡を拒絶され、面会を強要したり、侮辱する内容のメールを繰り返し送信した」と指摘し、「一方的かつ自己中心的な犯行。女性の恐怖や不安は想像に難くない」と述べました。
判決によると7月19~25日、岡山市、会社員女性(40)の携帯電話に62回にわたしメールしたり、勤務先で待ち伏せするなどしていたとのこと。

歌手HPにメール3万通 ストーカー容疑で37歳女逮捕

群馬県警は2013年9月5日、ロックバンドのボーカルを担当していた男性(50)に繰り返しメールを送ったとして、大阪府の会社員の女(37)をストーカー規制法違反の疑いで逮捕しました。
容疑者は2012年7月からメールを約3万通送信。被害男性は今年7月に前橋東署に相談していました。
逮捕容疑は7月23日から8月5日の間、被害男性の公式ホームページに記載されたアドレスに「あなたの〇〇です」「ずっと一緒にいたい」などと好意を伝えるメールを連続して400回送信した疑い。
調べに対し、「大ファンで、メールでつながっていたかった」と供述しているといいます。

「私のこと好き?」女医がストーカーメール

元同様にメールを繰り返し送り付けたとして、福岡県警折尾署は2013年8月26日、北九州市の医師の女(33)をストーカー規制法違反の疑いで逮捕しました。
発表によると、容疑者は7月23日から8月6日にかけ、元同僚の福岡県内の男性医師(31)の携帯電話に、「私のこと本当に好き?」などのメールを計140回にわたって繰り返し送信した疑い。
6月25日から8月6日までの間、計56回の電話をかけた疑いも持たれています。「メールを送ったりしたことは認めるが、送信先が(被害者の)男性とは知らなかった」などと否認しているとのこと。
容疑者は2008年4月から約1年間、北九州市内の同じ病院で被害男性医師と勤務していました。

このページのトップへ

量刑 性犯罪

これまで実際に起きた事件と判決・処分例などが分かります。

性犯罪量刑ストーカー規制法違反

ストーカー規制法違反

事件の概要

TVのアナウンサーに対し、18回にわたり、卑わいな絵や性的しゅう恥心を害する文面を記載した手紙を送りつけた事案です。

被疑者(被告人)の属性

累犯前科1犯

判決・処分

懲役5月

事案の特徴

被告人は、執行猶予判決を受けて釈放された直後から同様の行為を繰り返しており情状は悪いものです。

①業務妨害/②ストーカー規制法違反

事件の概要

①前後3369回にわたり、社会福祉法人の代表電話に無言電話をかけ、偽計を用いて業務を妨害した事案です。
②被害者に対する好意の感情又はそれが満たされなかったことに対する怨恨の感情を充足する目的で、前後約1270回にわたり、被害者の携帯電話機2台に連続して電話をかけ、つきまとい等を反復して行いストーカー行為をした事案です。

被疑者(被告人)の属性

30代女性/前科無

判決・処分

懲役1年6月 執行猶予3年

このページのトップへ
ご家族のための無料相談24時間受付

-逮捕されない・前科をつけない・人に知られない-性犯罪の疑いをかけられたサラリーマンを守る

逮捕前の被疑者とご家族の無料相談窓口03-5532-1112年中無休 24時間受付 東京永田町法律事務所
Copyright ©2011 刑事事件弁護の東京永田町法律事務所 All Rights Reserved.