児童福祉法違反児童福祉法じ ど う ふ く し ほ う

【児童福祉法】児童福祉法34条1項6号は、いわゆる「児童に淫行させる罪」について同法60条1項で10年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金又はこれを併科するという極めて重い処罰を規定しています。

少女に対する支配が一定程度強いことが認められると、児童福祉法違反となり厳罰に処せられます。(実際の事件と判決・処分例はこちら

第34条 何人も次に掲げる行為をしてはならない
1号〜4号省略
5 満15歳に満たない児童に酒席に侍する行為を業務としてさせる行為
6 児童に淫行をさせる行為
7 前各号に掲げる行為をするおそれのある者その他児童に対し、刑罰法令に触れる行為をなすおそれのある者に、情を知って、児童を引き渡す行為及び当該引き渡し行為のなされるおそれがあるの情を知って、
他人に児童を引き渡す行為
8,9号及び2項省略

弁護士が教える児童福祉法

児童福祉法第34条第1項第6号は、いわゆる「児童に淫行させる罪」について同法第60条第1項で10年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金又はこれを併科するという極めて重い処罰を規定しています。

「児童」とは

児童とは、満18歳に満たない者をいい、児童を以下に分類します
1.「乳児」・・・満1歳に満たない者
2.「幼児」・・・満1歳から、小学校就学の始期に達するまでの者
3.「少年」・・・小学校就学の始期から、満18歳に達するまでの者

児童福祉法違反に該当する行為

児童福祉法の「淫行」には、男女間の性交(SEX)に限られず、性交(SEX)類似行為も含まれます。

「性交(SEX)類似行為」の範囲については、
裁判例としては、

  • 男女間の性交(SEX)の姿態を模して行う手淫、素股その他の性交(SEX)類似行為
  • 同性愛的異常性欲満足の対象として手淫その他の異常性行為(SEX)
  • 男色行為

がいずれも認められています。

「淫行」の概要

「淫行」には、男女間の性交(SEX)に限られず、性交類似行為も含まれます。
「性交類似行為」の範囲については、
裁判例としては、
・男女間の性交(SEX)の姿態を模して行う手淫、素股その他の性交類似行為
・同性愛的異常性欲満足の対象として手淫その他の異常性行為
・男色行為
がいずれも認められています。

児童福祉法が禁止する「淫行」には同性愛行為、男色行為も含まれますので、
店で男娼として18歳未満の男子を使っていたのであれば、児童福祉法違反となります。

最判平成10.11.2

中学校の教師である被告人が教え子である中学生の女児を、夜間、自宅やホテルに連れ込み、酒を飲ませたりアダルトビデオを見せたりした上、バイブレーターを示し、自慰行為をするよう勧め、あるいはこたつの中に下半身を入れた状態で、あるいは被告人も入っている同じベッド上の布団の中で、バイブレーターを使用して自慰行為をさせたという事案について、男性である被告人も入っているこたつや布団の中で、被告人から使用方法の説明を受けて渡されたバイブレーターを自分の性器に挿入したということに着目し、男女の性交(SEX)が行われるのと同様の状況の下で、男女の性交(SEX)を模した行為が行われたことを考慮して、「淫行」に当たるとしました。

18歳未満の児童を働かせていたら

  • 風俗店の従業員(風俗嬢)の女の子が18歳未満の場合
  • 男娼として18歳未満の男子を店で使っていた場合
    店が18歳未満の男女に性行為(SEX)等をさせていた場合には、児童福祉法違反になります。

児童福祉法の統計

児童福祉法(昭和22年法律第164号)、児童買春・児童ポルノ禁止法、出会い系サイト禁止法及び青少年保護育成条例の各違反の検察庁新規受理人員の推移(最近20年間)は、以下のとおりです。
児童買春・児童ポルノ禁止法違反の受理人員は、平成11年の同法施行以降、おおむね増加傾向にあり、22年は前年比11.1%増でした。出会い系サイト規制法違反の受理人員は、15年の同法施行以降、おおむね増加傾向にあり、22年は同0.9%の微増でした。青少年保護育成条例違反の受理人員は、13年からおおむね増加傾向にありますが、22年は同0.2%の微増でした。

実際にあった事件&ニュース

【福原に13歳のソープ嬢がいた】

当時13歳の女子中学生を神戸・福原のソープランドで働かせたとして、兵庫県警生活環境課と兵庫署が、児童福祉法違反(有害目的支配)の疑いで、神戸市兵庫区の経営者の男(44)=売春防止法違反罪で起訴=を追送検していたことが16日、捜査関係者への取材で分かりました。13歳の少女がソープランドで勤務していたことが確認されたのは極めて異例といいます。
また、県警は同日午前、この店に女子生徒を紹介したとして、職業安定法違反(有害業務の紹介)の疑いで、兵庫県内在住の飲食店経営の男(31)ら3人を書類送検しました。
追送検容疑は、昨年5月ごろ、飲食店経営の男らから紹介された女子生徒をソープランドの従業員として雇い、勤務中の外出を禁止するなど支配下に置いたとしています。調べに対し、経営者の男は「成人だと思っていた」などと供述しているといいます。
捜査関係者によると、飲食店経営の男ら3人のうち1人が女子生徒と知人同士で、他の2人を介して店に少女を紹介。女子生徒は、知人の20代女性の身分証明書を提出するなどして採用され、約1週間働いたとのこと。女子生徒は「遊ぶお金がほしかった。ソープなら早く稼げると思った」などと話しているといいます。

【中3女子「150人に売春させられた」 親族の女ら逮捕】
2011.12.1 産経新聞

中学3年の女子生徒(14)に売春させたとして、兵庫県警少年育成課は30日、児童福祉法違反と売春防止法違反の疑いで、いずれも同県たつの市在住でパート従業員の女(37)と無職少年(19)を逮捕しました。2人とも容疑を認めているとのこと。女子生徒は「150人くらい客を取らされた」と話しているといい、県警が裏付けを進めています。
逮捕容疑は、5月下旬と6月下旬の2回、たつの市内で女子生徒を男性客(33)に引き合わせ、売春をさせたとしています。
同課によると、女は女子生徒の親族。少年は女子生徒の姉の同級生。2人は出会い系サイトで男性客を探し、少年が乗用車で送迎。女子生徒は5〜8月に売春をさせられ、月末ごとに現金十数万円を受け取っていたとみられます。

【わが子に売春を強要 母親を逮捕】

18歳未満の長女を知人の男に紹介し、わいせつな行為をさせたとして、児童福祉法違反(淫行させる行為)の疑いで母親が長野県警に逮捕されました。
被疑者は、知人がわいせつ行為をすることを承知の上、現金2万〜3万円の約束で、長女を知人男性に紹介し、知人男性がホテルで長女にわいせつ行為をした疑いです。
県警によると、長女は数年前から同知人男性と同様の行為をさせられていたということです。長女から相談を受けた学校関係者が7月、同署に届けました。

このページのトップへ

弁護士が教える児童福祉法違反の事例紹介

最決平成10.11.2 中学校教諭男性

中学校の教師である被告人が教え子である中学生の女児を、夜間、自宅やホテルに連れ込み、酒を飲ませたりアダルトビデオを見せたりした上、バイブレーターを示し、自慰行為をするよう勧め、あるいはこれに使用するであろうことを承知しながらバイブレーターを手渡し、児童をして、被告人も入っている同じこたつの中に下半身を入れた状態で、あるいは被告人も入っている同じベッド上の布団の中で、バイブレーターを使用して自慰行為をさせたという事案において、男性である被告人も入っているこたつや布団の中で、被告人から使用方法の説明を受けて渡されたバイブレーターを自分の性器に挿入したということに着目し、男女の性交(SEX)が行われるのと同様の状況の下で、男女の性交(SEX)を模して行為が行われたことを考慮して、「淫行」に当たるとしました。

アルバイト女性(20歳)/無職少女(17歳)

アルバイト女と無職少女は、知人の17歳女子(高校2年生)に、出会い系サイトで探した男性らを相手に1回1万5000円から2万円で買春させたとして、児童福祉法違反(児童に淫行させる行為)容疑で逮捕されました。
女子生徒と無職少女は中学時代の先輩と後輩で、女子生徒が無職少女に借金があり、この返済を理由に女子生徒に買春させ、アルバイト女とともに代金を全額取上げていたようです。

わが子に売春を強要

18歳未満の長女を知人の男に紹介し、わいせつな行為をさせたとして、児童福祉法違反(淫行させる行為)の疑いで母親が長野県警に逮捕されました。
被疑者は、知人がわいせつ行為をすることを承知の上、現金2万〜3万円の約束で、長女を知人男性に紹介し、知人男性がホテルで長女にわいせつ行為をした疑いです。
県警によると、長女は数年前から同知人男性と同様の行為をさせられていたという。長女から相談を受けた学校関係者が7月、同署に届けました。

弁護士が教える児童福祉法違反の統計

地方裁判所の終局処理人員(平成21年)
罪名総数懲   役その他
死刑懲 役 ・ 禁 錮罰金等
無期有期
(A)
うち執行猶予
(B)
執行猶予率
B/A%
うち保護観察付
児童福祉法196----19513569.2121--
起訴人員中の有前科者の人員・有前科者率・犯行時の身上(平成21年)
罪名起訴人員有前科者有前科者率犯行時の身上
執行猶予中執行猶予中
(保護観察中)
仮釈放中保釈中
児童福祉法36613837.7%19(13.8)65(3.6)1
参考
児童福祉法

第34条 何人も、次に掲げる行為をしてはならない。
1号〜4号省略
5 満15歳に満たない児童に酒席に侍する行為を業務としてさせる行為
6 児童に淫行をさせる行為
7 前各号に掲げる行為をするおそれのある者その他児童に対し、刑罰法令に触れる行為をなすおそれのある者に、情を知って、児童を引き渡す行為及び当該引渡し行為のなされるおそれがあるの情を知って、他人に児童を引き渡す行為
8、9号及び2項省略

第60条 第34条第1項第6号の規定に違反した者は、10年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。
② 第34条第1項第1号から第5号まで又は第7号から第9号までの規定に違反した者は、3年以下の懲役若しくは100万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。

このページのトップへ
ご家族のための無料相談24時間受付
事務所紹介
事務所紹介
弁護士紹介
弁護実績
感謝の声
再犯防止の取り組み
弁護士費用
採用情報
お問い合わせ

-逮捕されない・前科をつけない・人に知られない-性犯罪の疑いをかけられたサラリーマンを守る

逮捕前の被疑者とご家族の無料相談窓口03-5532-1112年中無休 24時間受付 東京永田町法律事務所
Copyright ©2011 刑事事件弁護の東京永田町法律事務所 All Rights Reserved.