準強制わいせつ罪準強制わいせつじゅんきょうせいわいせつ

【準強制わいせつ罪】人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、わいせつな行為をした場合には、準強制わいせつ罪(178条1項)になります。

合意があると思っていても、女性からの訴えで合意がなかった強制わいせつ事件として弁護士の介入が必要となる刑事事件となることもあります。特にお酒の席では女性が酔っていたかどうかという問題も重要になります。(実際の事件と判決・処分例はこちら

準強制わいせつ罪とは

人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、わいせつな行為をした場合には、準強制わいせつ罪(178条1項)になります。
※強制わいせつ罪と異なり、暴行や脅迫がなくても成立します。

「心神喪失」若しくは「抗拒不能」とは

「心神喪失」とは、精神的な障害によって正常な判断力を失った状態をいいます。
「抗拒不能」とは、心理的又は物理的に抵抗ができない状態を言います抗拒不能の状態に陥っていたかどうかについては、たとえ物理的、心理的には抗拒不能といえない場合であっても、わいせつ、姦淫行為を拒否することにより発生する危難を避けるために、その行為を受け入れるほかないという心理的・精神的状態に被害者を追い込んだときには、心理的、精神的な抗拒不能に陥れた場合にあたります。
被害者(被告人)の言動の巧妙さ、被害者の年齢、性知識、家庭環境、行為の状況などの具体的事情を資料とし、当該被害者の立場に立って、心理や精神状態を基準としてなされます。

準強制わいせつ罪の事例
  • プロダクションの実質的経営者が、モデル希望の女子学生らに対し、モデルになるためには必要であると言って全裸にさせて写真撮影をしたり、シャワー室で石けんを付けた手で陰部等を撫でまわしたりした事案。
  • 英語上達につながるリラックス法であるとして下着を脱いで着替えさせ、わいせつ行為に及んだ事案。

東京地判昭和62.4.15
20歳の性経験のない女性に対し、警察に依頼された医師と称して、警察が同女に売春の容疑を抱いており、また同女が性病に罹患した可能性があるなどと申し向け、驚愕と不安のあまり冷静な判断ができない状態に陥れ、さらに、売春の容疑を晴らし、性病に罹患したかどうかを確かめるためには性器を指に入れる検査をするしかないなどと申し向け、同女をして被告人の言うとおり検査を受けるしかないと思わせて抗拒不能に陥れ、検査を装い、同女の性器内に手指を挿入するなどしてわいせつ行為をした事案(翌日、さらに姦淫行為に至っている)について、準強制わいせつ罪(と準強姦罪)の成立を認めました。

参考
第178条(準強制わいせつ及び準強姦)

1.人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、わいせつな行為をした者は、第176条の例による。
2.女子の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、姦淫した者は、前条の例による。

第179条(未遂罪)

第176条から前条までの罪の未遂は、罰する。

第180条(親告罪)

1.第176条から第178条までの罪及びこれらの罪の未遂罪は、告訴がなければ公訴を提起することができない。
2.前項の規定は、2人以上の者が現場において共同して犯した第176条若しくは第178条第1項の罪又はこれらの罪の未遂罪については、適用しない。

第181条(強制わいせつ等致死傷)

1.第176条若しくは第178条第1項の罪又はこれらの罪の未遂罪を犯し、よって人を死傷させた者は、無期又は3年以上の懲役に処する。
2.第177条若しくは第178条第2項の罪又はこれらの罪の未遂罪を犯し、よって人女子を死傷させた者は、無期又は5年以上の懲役に処する。
3.第178条の2の罪又はその未遂罪を犯し、よって女子を死傷させた者は、無期又は6年以上の懲役に処する。

このページのトップへ

量刑 性犯罪

これまで実際に起きた事件と判決・処分例などが分かります。

性犯罪量刑準強制わいせつ・準強姦

準強制わいせつ3件

性犯罪事件・事案の概要

医師である被疑者が、治療等に来院した女性患者(26歳、21歳、19歳)に麻酔をかけて心神を喪失させ、その陰部等をカメラ等で近接撮影するとともに、その陰部や乳房等を手指でもてあそぶなどのわいせつな行為をした事案です。

被疑者(被告人)の属性

男性/前科1犯

判決・処分

懲役5年

弁護士による弁護活動と事案の特徴

被告人は、執行猶予期間中(前刑終了後2年)での犯行でした。

このページのトップへ
ご家族のための無料相談24時間受付
事務所紹介
事務所紹介
弁護士紹介
弁護実績
感謝の声
再犯防止の取り組み
弁護士費用
採用情報
お問い合わせ

-逮捕されない・前科をつけない・人に知られない-性犯罪の疑いをかけられたサラリーマンを守る

逮捕前の被疑者とご家族の無料相談窓口03-5532-1112年中無休 24時間受付 東京永田町法律事務所
Copyright ©2011 刑事事件弁護の東京永田町法律事務所 All Rights Reserved.