• よくある男女トラブル出会い系[基礎知識] 出会い系で あ い け い

    【出会い系サイト規制法】正式名称:「インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律」
  • 出会い系の基礎知識

    出会い系サイト規制法の沿革

    「出会い系サイト規制法」(正式名称は「インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律」)は、平成15年に制定されました。その後、出会い系サイトの利用に起因した犯罪が依然として多発していたことにかんがみ、平成20年に、出会い系サイト事業者に対する規制の強化等を図るため、同法の一部が改正され、平成20年12月1日から施行されています。

    改正法の柱は、出会い系サイトの事業者への規制を強化することでした。
    具体的には、出会い系サイト業者に対して、都道府県公安委員会への届け出を義務付け、無届けの業者には罰則を科す内容です。
    従来の法律では、悪質な出会い系サイト業者を摘発しようとしても、介在するプロバイダーが個人情報保護を理由に任意協力を拒むケースが多く、悪質な出会い系サイト業者を警察当局が特定することが難しいとされていました。しかし、今回の改正案では、無届け業者は罰則対象となるので、プロバイダーに対して強制捜査をすることも可能になります。
    出会い系サイト規制法違反で検挙される事案は年々増加傾向にあります。

    出会い系サイト規制法について詳しく知る

    実際にあった事例と成立している罪名

    出会い系サイト規制法の基礎知識について触れたところで、今度は実際にあった事例と、それに伴う罪名について紹介します。

    援助交際『出会う前』

    出会い系サイトに、女子高生に対する援助交際募集の書き込みをしました。でも、実際に返事をくれた人は一人もいなかったので、援助交際は成立しませんでした。出会っていないのだから違法ではないですよね?・・・ (詳しくはこちら)

    援助交際『出会った後』

    出会い系サイトで12歳の女子児童と知り合いました。女子児童の同意を得て、金銭の授受なしに性行為(SEX)をしました。違法でしょうか?・・・ (詳しくはこちら)

    料金・利用規約トラブル

    無料サイトなのに、相手の情報を見るために、次々ポイントを要求されて、高額請求書が届きました。無料サイトであるはずなのに、支払わなければならないのでしょうか?・・・ (詳しくはこちら)

    個人情報トラブル

    出会い系サイトとトラブルが生じたので、解約することにしましたが、登録する際、免許証のコピーをとられてしまっているので不安・・・ (詳しくはこちら)

    このページのトップへ
    ご家族のための無料相談24時間受付

    -逮捕されない・前科をつけない・人に知られない-性犯罪の疑いをかけられたサラリーマンを守る

    逮捕前の被疑者とご家族の無料相談窓口03-5532-1112年中無休 24時間受付 東京永田町法律事務所
    Copyright ©2011 刑事事件弁護の東京永田町法律事務所 All Rights Reserved.