• よくある男女トラブル風営法違反[基礎知識] 水商売ふうえいほういはん

    【風営法違反(風適法違反)】風営法28条の定めにより、官公庁施設や学校・図書館・児童福祉施設から半径200m以内において新たに店舗型性風俗関連特殊営業を行うことは禁止されています(対象施設の設置前から既に営業している店に関してはその限りではありません)。
  • 水商売の基礎知識

    キャバクラとは

    キャバクラ嬢(キャバ嬢)と呼ばれる女性スタッフが客の席について接客を行う飲食店をいうとされています。性的な愛撫などは禁止。料金は時間制で明朗会計。
    店外デートについては、出勤前にデートをしてそのまま客と店に入る「同伴」や、店の閉店後に酒などを飲みに行ったりカラオケに行ったりする「アフター」があります。同伴出勤の回数はキャバクラ嬢の給与体系の中に組み込まれており、同伴回数にノルマを設けている店がほとんどです。また、同伴回数を店内での指名回数やドリンクの売り上げ等と合わせた形でポイント化し、時給を上下させる基準として利用している店も多いようです。
    キャバクラ嬢には「笑顔での応対」や「相手に話を合わせながらいい気分で酒を飲ませる」など『感情労働』を求められます。キャバクラが舞台のドラマが作られたり、高収入のキャバクラ嬢が度々メディアで紹介されており、その華やかな雰囲気や贅沢な生活ぶりから、若い女性のなりたい職業の上位にランクインされたこともあるようです。
    しかし、業界は給与・待遇など全ての部分で完全な成果主義に基づく、厳しい世界であり、人間の入れ替わりが激しいほか、労働条件が整っていなかったり、違法な労働環境である場合もあります。

    同種の商売として

    • クラブクラブもキャバクラと同様に、ホステスが客の横に座り接客するが、一般的に料金が時間制ではなく、ボトルキープが基本であって、料金体系が明確ではないといわれています。
    • ガールズバー2006年頃より増え始めたショットバー形態で、店員(バーテンダー、ウェイトレス等)は客席につかない業態のものです。店員の大半が若い女性で、カウンター越しではあるが、会話を楽しむことができます。

    営業形態・規制

    風営法第2条の定める風俗営業のうち接待飲食等営業に分類される1号又は2号で都道府県公安委員会から許可を得ることが必要です。
    基本的なサービスは、男性客と飲食をともにしながらの歓談、給仕、カラオケなどです。性的サービスは許されていません。
    風営法により、18歳未満の者に客の接待をさせることはできません(風営法22条3号)。
    また15歳未満の者を接待に使うことは児童福祉法で固く禁じられており(児童福祉法34条5号)、これに違反すると3年以下の懲役若しくは100万円以下の罰金又はこれを併科とする刑事罰が適用されます(同法60条2項)。
    また、18歳未満の者を入店させることも禁じられています(風営法18、22条)。営業時間に関しては、午前0時から日の出までの深夜は営業できないという制限を受けます(風営法13条)。
    風営法に加えて、「食品衛生法」51、52条、「食品衛生法施行令」35条により店舗の所在地を管轄する保健所に飲食店営業許可申請をし、都道府県知事の許可を得る必要があります。

    営業時間

    風営法13条で、風俗営業及び店舗型風俗特殊営業は、原則的に「午前0時から日の出」までの深夜は営業が禁止されています(例外として午前1時までの地域も)。そのため遅くとも深夜1時には営業を終了しなければならないことになっていますが、従来はその制限を守らず、客がいる限り深夜4〜5時頃まで営業を行う店がほとんどでした。しかし近年になって警察の取り締まりが強化され深夜帯の営業が困難になりつつあること、深夜帯の営業中止により減少した売上を少しでもカバーすることなどを目的に、「二部営業」(夕方〜深夜1時までの1部、日の出〜昼頃までの2部(「日の出営業」ともいう)と営業時間を分けて営業する形態)を開始する例がみられるようになってきています。

    客引き行為

    繁華街では黒服の男が強引な客引きを行うことも有名で、風営法に違反する行為(人の前に立ちふさがる、つきまとうなどの行為)を平然と行い、言葉巧みに男性客を店に連れ込もうとします。客引き行為やつきまとい行為は風営法違反で、6ヵ月以下の懲役若しくは100万円以下の罰金又はその両方が科せられます(風営法52条1号、22条1号、2号)。

    実際にあった事例と成立している罪名

    風営法違反[水商売]の基礎知識について触れたところで、今度は実際にあった事例と、それに伴う罪名について紹介します。

    キャバクラトラブル

    自称20歳だという女の子をキャバ嬢として雇っていましたが、警察のガサ入れで実は17歳であることが判明しました。採用に関しては、フロアの責任者に一任していました。本人が20歳だと言っていたのだし、厚化粧をした見た目は20歳に見えていたのだから問題ないですよね?(詳しくはこちら)

    このページのトップへ
    ご家族のための無料相談24時間受付

    -逮捕されない・前科をつけない・人に知られない-性犯罪の疑いをかけられたサラリーマンを守る

    逮捕されたご家族のために
    無料相談24時間受付中03-5532-1112
    Copyright ©2011 刑事事件弁護の東京永田町法律事務所 All Rights Reserved.