風俗出会い系・あなたの理性が試される実録刑事事件弁護士

[ 問 題 ]Q30 有料出会い系サイトでやりとりしていた。相手はサクラばかりで出会えない。通信料は返してもらえるか。
不正解答え:『 B.返してもらえない。 』
理由:有料であると知っていたのであれば、詐欺の刑事事件にも該当しませんし、架空請求ともいえません。サクラだと立証するのは難しいでしょう。
正解!答え:『 B.返してもらえない。 』
理由:有料であると知っていたのであれば、詐欺の刑事事件にも該当しませんし、架空請求ともいえません。サクラだと立証するのは難しいでしょう。

有料出会い系サイトでやりとりしていた。相手はサクラばかりで出会えない。通信料は返してもらえるか。

「もっとあなたのことを知りたい」

A男は出会い系サイトにアクセスし、若い女性S子と知り合いました。メールの様子からは清楚でかわいらしい女性のように思えます。
話が合い、毎日深夜遅くまで何十回とメールが続きました。A男はすっかりS子にはまってしまいました。
「会いたい」
意を決しS子にメールを送りました。しかしS子は、
「まだ会うのは早い。前に裏切られたことがあるから男性が怖い。会う前に、もっとあなたのことを知りたい。」
メール交換には有料のポイントが必要です。じらされればじらされるほど、S子のことをもっと知りたくなるのが男の性。A男とS子のメールは続きました。
翌月、A男に、サイトから数十万円の請求書が届きました。

出会えないから、サクラかどうかもわからない

サクラとやりとりした通信料は、返してもらえないのでしょうか。
この種のサイトの特徴は、登録無料であっても、メールをやり取りするためのポイント利用料が請求されることです。メール交換が有料(ポイント制等)であることを知りながら利用していたのであれば、詐欺には当たらず刑事事件にはなりません。実際にサイトを利用してメールを送受信したことは事実ですから、架空請求とのいえないのです。
 「女性」はおそらくサクラなのでしょう。サクラは、どれだけ相手とメールのやりとりを引き延ばせるかで報酬が加算される仕組みとなっているようです。上戸彩似の女子大生だと思ってメールをしていた相手が、実はアルバイトのいかつい男性だったというオチもあります。
「サクラに騙された」という主張は認められません。「サクラなんていない。メール交換サービスはきちんと提供している」等と業者は反論し、返金には応じません。刑事事件弁護士の立場から言えることは、そもそもサクラであることの立証は困難であるということです。

1000万円受け取ってほしい

有料サイトへの誘導方法としては、様々な手口があります。
「出会いは求めていない。1000万円を受け取って欲しいだけ。」といった連絡がくることもあります。自分にだけ舞い込んだ幸運であると喜び、メールのやり取りを始めてしまう。メールの送受信には有料ポイントが必要だが、「1000万円を渡す時に支払うので立て替えておいてほしい」とのこと。受け渡しの為の連絡を毎日していたが、待ち合わせには現れません。同じことが何回も続き、気づいたらポイント使用料が数十万円を超えていたということに。遅まきながら騙されたことに気づくのです。
また、芸能人のマネージャーから、悩みを聞いて欲しいとメールが来るパターンもあります。芸能界の裏話を聞いてみたい。芸能人本人と知り合えるかもしれない。野卑な好奇心と篤志の動機で、メールのやりとりを始めるようです。芸能人と会ってほしい等と誘いかけ、散々メール交換を繰り返しつつも、なかなか実現しない。やめたいと思ってもやめにくい。悩み事相談は、乗りかけた船で見捨てられないといいます。「見放されたら、自殺するしかない」等とメールし、やめさせないようにする場合もあります。
このほか、アルバイト紹介サイトや無料ゲームサイト経由もあります。「友達になってほしい」とメールがきて、巧みに出会い系サイトに誘導される場合もあるようです。
恋愛感情を掻き立てられて踊らされたことに対する羞恥心からか、被害が表面化すること自体が少なく、刑事事件弁護士に相談するのも躊躇するという方も多いようです。そもそも自分が被害に遭っているということにすら気付かず、刑事事件弁護士に相談するという発想に至らないケースもあります。

刑事事件弁護士の一言

有料であることを知らされていたかどうか。

このページのトップへ
ご家族のための無料相談24時間受付

-逮捕されない・前科をつけない・人に知られない-性犯罪の疑いをかけられたサラリーマンを守る

逮捕されたご家族のために
無料相談24時間受付中03-5532-1112
Copyright ©2011 刑事事件弁護の東京永田町法律事務所 All Rights Reserved.