「運命の人」を見分けるには実録刑事事件弁護士

[ 問 題 ]Q32 婚活パーティで出会い、付き合った男が既婚者だと判明した。訴えることができるか。
不正解答え:『 B.慰謝料を請求できる。 』
理由:財産を取られなければ詐欺には当たらず刑事事件にはならませんが、慰謝料は認められる可能性があります(ただし悪質事例に限られます)。
正解!答え:『 B.慰謝料を請求できる。。 』
理由:財産を取られなければ詐欺には当たらず刑事事件にはならませんが、慰謝料は認められる可能性があります(ただし悪質事例に限られます)。
不正解答え:『 B.慰謝料を請求できる。 』
理由:財産を取られなければ詐欺には当たらず刑事事件にはならませんが、慰謝料は認められる可能性があります(ただし悪質事例に限られます)。

婚活パーティで出会い、付き合った男が既婚者だと判明した。訴えることができるか。

「あら、お知り合い?」

大学病院で薬剤師をするA子は30歳。仲の良い友達にまだ独身者が多いのは東京だからでしょうか。あまり結婚に対する焦りはありません。しかし、最近は親がうるさくなってきました。子供が欲しいと考えると、確かにそろそろ真剣に考えなくてはと思っていました。
「結婚は契約」と言い切るA子は、条件重視で婚活をすることにしました。会費は多少高いのですが、男性は高学歴で高収入限定の結婚相談所に登録しました。
A子自身も一流大学を卒業しており、今までそこそこモテてきました。プライドの高さが邪魔をしてなかなか謙虚になれないだけなのです。しかし、入会した相談所が主催するパーティに参加して現実を知りました。30歳では誰も相手にしてくれないのです。A子が求める高スペックの男性は、馬鹿で若くてかわいい女子に群がります。それでも必死になって何度も参加しました。
そんな中、やっと運命の相手と出会えました!37歳商社勤務のR男。高学歴、高収入、高身長。ワールドワイドに飛び回るR男は、話も面白い。デートを重ねて、A子はますますR男に夢中になっていきました。
結婚相談所を介して知り合ったのだから、トントン拍子に結婚の話が進むはず。しかしR男は、月の半分が海外出張。たまの休みもゴルフコンペに友人の結婚式と、A子の思う様には会えません。R男の都合で呼び出されて、一緒に食事をし、高級ホテルに泊まって性行為をするだけ。
「家に行ってみたい。」
「出張の準備で荷物がぐちゃぐちゃだから、今度ね。」
「来月あたり、私の両親に会ってほしいな。」
「ごめん、その時期は多分ニューヨークだと思う。」
仕事と言われると、A子としては何も言えません。出張中は電話で話すこともできない。なんとかして結婚したいと考えるA子は、R男に嫌われることを極度に恐れ、自分を押し殺していました。理解ある女の方が、結婚向きなはず。忙しい彼氏をそっと見守らなきゃ。
いつになったら結婚してくれるのだろう。ぼんやり考えながら歩いていると、R男の会社の近くにいました。商業施設の入ったタワービル。ちょっと寄って行こうかな。
カフェでコーヒーを買って1人で考え事をしていた時、目の前をR男が通り過ぎました。なんと女性と手をつないでいるではないですか!A子は目ざとく、R男の左手薬指に光る指輪を見つけました。
「ちょっと!」
激しい剣幕でR男に詰め寄るA子の声が、ホール中に響いました。R男は動揺した顔をしたものの、一緒にいた女性はまったく悪意のない笑顔を向けています。
「あら、お知り合い?R男の家内です。R男と同じ会社で働いているんです。よろしくね。」
騙された。結婚相談所を利用して騙すなんて許せない!

既婚者の婚活パーティ参加は珍しくない

独身男女が真剣に結婚相手を探す(ことになっている)婚活パーティ。素敵な男性との運命的な出会いの後に付き合いし始めたら、実は既婚者だった、ということも珍しくはないようです。独身女性からすればとんでもないことですが、法的問題はあるのでしょうか。詐欺の刑事事件として訴えてやると言いたいところですが、実際にはどうなのでしょうか。刑事事件弁護士が解説します。
実は、既婚男性が婚活パーティに参加して、女性と知り合っても、刑法上は、罪に問われなく刑事事件にはならないのです。その後に男女交際に発展した場合であっても同様です。肉体関係に至った場合でも、詐欺罪は成立せず刑事事件にはなりません。女性の貞操を騙し取ったことになりますが、女性の貞操は財物ではありません。財物や財産上の利益を騙し取った場合のみに成立するのが、詐欺罪なのです。
では、女性は既婚男性に対して民事上の損害賠償を請求することはできないのでしょうか。ケースバイケースですが、極端な事例では慰謝料請求が認められています。
たとえば、結婚紹介所を利用して女性と交際し、結婚意思を偽って女性と継続的に性的関係を持っていた男のケースです。結婚を迫られると、条件が整っていないとして拒んでいました。しかも並行して付き合っている女性は他にもいたうえ、女性は妊娠中絶しているという事案でした。この男に対し、人格権侵害による300万円の慰謝料を支払うよう命じた判例があります。
なお、悪質な既婚男性は、パーティの主催者側からも訴えられるリスクがあります。既婚を隠して参加した場合の違約金規定を定めている業者もあるようです。違約金の額がそのまま裁判で認められるかは別として、賠償義務が生じる可能性はあります。被害女性と一緒に業者が、既婚男性を訴えた事件もあるようです。また、刑法上も、既婚男性の参加が主催会社に対する業務妨害として刑事事件になる可能性もあります。
結婚相談所の中には、会員登録の際に、独身証明書の提出を求めるものもあります。独身証明書は本籍地のある市区町村役所(役場)で発行されるもので、戸籍上独身であることを証明するものです。
この独身証明書を何とかして自分で作成してしまおうと考えた男性に、刑事事件弁護士から忠告です。独身証明書を偽造すれば公文書偽造罪の刑事事件になります。独身を装って婚活パーティに参加したいがために刑事事件の被疑者になるようなことだけは避けてください。

刑事事件弁護士の一言

よほどの悪意があったかどうか。

このページのトップへ
ご家族のための無料相談24時間受付

-逮捕されない・前科をつけない・人に知られない-性犯罪の疑いをかけられたサラリーマンを守る

逮捕されたご家族のために
無料相談24時間受付中0120-777-132
Copyright ©2011 刑事事件弁護の東京永田町法律事務所 All Rights Reserved.