「悪い男」をどう撃退するか実録刑事事件弁護士

[ 問 題 ]Q41 酒を飲んで、泥酔状態のうちに性行為をされてしまった。
不正解答え:『 B.相手を刑事告訴できる。 』
理由:泥酔状態を利用して性行為をした場合には準強姦罪が成立し刑事事件になります。
正解!答え:『 B.相手を刑事告訴できる。 』
理由:泥酔状態を利用して性行為をした場合には準強姦罪が成立し刑事事件になります。

酒を飲んで、泥酔状態のうちに性行為をされてしまった。

「私、服着てない!」

R子は大学入学とともに上京しました。入学式の日は人の多さに圧倒されました。講堂から教室まで移動する間に、両手に抱えきれない程のサークルのビラを受け取りました。新生活が始まる期待感で胸が高まります。
翌日、科目登録のためにキャンパスへ行くと、各サークルがブースを設けて勧誘活動をしていました。
「バンド興味ある?」「野球のマネージャーやらない?」「司法試験のための法律サークルなんだけど?」
R子はかねてから決めていました。大学に入ったらテニスサークルに入るのだと。
「一緒にテニスやらない?飲み会もいっぱいあって楽しいよ。」
勧誘してきたのはさわやかなイケメン。R子は迷うことなくついていきました。
サークルのラウンジは活気に溢れていました。自分以外にも多数の新入生が来ていて、先輩が熱心に説明していました。R子に声をかけてくれたF男先輩が、隣に座って説明してくれます。
「でね。練習は週2回。でも、時間があるときはみんなここに来ておしゃべりしてるよ。毎年夏と冬には合宿もあるし、超楽しいから。くそまじめにテニスしかやらないスポ根サークルもあるし、逆にまったくテニスをやらないチャラいサークルもあるんだけど、その点、うちはバランスとれてると思うよ。」
R子は入会することに決めました。
「とりあえず、今日花見があるから一緒に行こうよ。」
R子は、F男について花見会場に移動しました。ドキドキしながら手渡されたビールを口にする。わたし未成年…、ま、いっか。
気づいた時にはマンションの一室にいました。
ここはどこ?
私、服着てない!
R子はパニックになりました。冷静になれ、思い出せ、自分に言い聞かせます。テニスサークルの花見に行って、初めてビールを飲んで、その後も楽しくなってお酒を飲み続けて…、駄目だ、これ以上思い出せない。
その時、隣に動く気配がしました。はっとして見ると、F男が寝ていました。
つまり、F男先輩に性行為をされてしまったということ?
上京したばかりで相談できる友人もいないし、親には絶対に言いたくない。刑事事件弁護士に相談すべきなのかもしれないけれど、何があったのかも思い出せないから、どうすればよいのかわからない。楽しいはずの大学生活でしたが、辛いスタートとなりました。

泥酔状態で性行為をされるのは、暴行・脅迫によりと同じ

刑事事件弁護士として多くの刑事事件や男女トラブルを見ていると、酒の席での出来事で、和姦か強姦かが問題になることは多いことがわかります。
まず強姦罪の刑事事件についてですが、女性が反抗できなくなるレベルの暴行や脅迫がないと成立しません。殴られたり、脅されたりしていなければ強姦の刑事事件にはならないのです。このケースでは強姦罪の刑事事件として問題になることはなさそうです。
刑法では強姦罪のほかに、準強姦罪という犯罪があります。「女子の心身喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心身を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、姦淫した者は、前条(第177条強姦罪)の例による。」(刑法第178条第2項)と規定されています。
要するに、女子を泥酔状態など正常な判断力のない状態にさせたり、治療行為で仕方のないことと思わせるなど心理的・物理的に抵抗できないようにしたり、またはこのような状況を利用したりして性行為をした場合には、強姦罪の刑事事件と同じように処罰されるのです。強姦罪だけでは処罰できない悪質な刑事事件を処罰しようという条文です。

刑事事件弁護士が、判例で準強姦罪が認められた刑事事件の事例を紹介します。知的障害者自立支援施設の入所女性をホテルに連れ込んで性行為をしたケース。芸能事務所のスカウトを装い、声優志望であった中学1年生の少女に睡眠薬を飲ませて成功をしたケース。睡眠中の女性が半覚醒状態で、夫が求めてきたものと誤解して、その求めに応じる態度に出たために成功したケース。就職斡旋のための身体検査を装って14歳の少女を姦淫したケース。柔道の北京五輪金メダリスト内柴正人被告人は、教え子に酒を飲ませ泥酔させて性行為をしたとして刑事事件の裁判になりました。
性行為に至らない場合であっても、女性を泥酔させたり、抵抗できない状態にさせたりしたうえで、わいせつ行為が行われた場合は、準強制わいせつ罪の刑事事件となります。プロダクションの実質的経営者が、モデル希望の女子学生らに対し、モデルになるためには必要であると言って全裸にさせて写真撮影をしたり、シャワー室で石けんを付けた手で陰部等を撫で回したりした刑事事件や、英語の個人レッスンをしていた女子高校生に対し、英語上達につながるリラックス法であるとして下着を脱いで着替えさせ、わいせつ行為に及んだ刑事事件があります。

刑事事件弁護士の一言

判断力を失うほどに泥酔していたかどうか。

このページのトップへ
ご家族のための無料相談24時間受付
事務所紹介
事務所紹介
弁護士紹介
弁護実績
感謝の声
再犯防止の取り組み
弁護士費用
採用情報
お問い合わせ

-逮捕されない・前科をつけない・人に知られない-性犯罪の疑いをかけられたサラリーマンを守る

逮捕前の被疑者とご家族の無料相談窓口03-5532-1112年中無休 24時間受付 東京永田町法律事務所
Copyright ©2011 刑事事件弁護の東京永田町法律事務所 All Rights Reserved.