「悪い男」をどう撃退するか実録刑事事件弁護士

[ 問 題 ]Q43 なぜ、女性にとって「自宅こそ危険な場所」なのか。
不正解答え:『 B.来訪者を確認せずにドアを開ける人が多いから。 』
理由:強姦魔は、宅配便や工事業者を装って侵入します。
正解!答え:『 B.来訪者を確認せずにドアを開ける人が多いから。 』
理由:強姦魔は、宅配便や工事業者を装って侵入します。
不正解答え:『 B.来訪者を確認せずにドアを開ける人が多いから。 』
理由:強姦魔は、宅配便や工事業者を装って侵入します。

なぜ、女性にとって「自宅こそ危険な場所」なのか。

オートロックはなぜ危険か

E子は大学入学と同時に、故郷の田舎町から東京へやってきました。東京は危ないからと両親は心配して、女子単身者専用のオートロックのマンションを選んでくれました。相場より少し家賃が高くなってしまって申し訳ない。でもこれで安心して生活できる。
E子は、エレベーターや廊下で住人と顔を会わせると積極的に挨拶をしましたが、皆一様に迷惑そうに会釈するのみ。東京は冷たいって本当ね。E子の生まれ育った町は、住民全員の顔と名前を覚えられる小さな町でした。親戚も多く、家の鍵は開けっ放し。煮物がおいしくできたから置いてくねと、隣家の住人が勝手に玄関から入ってテーブルに置いていくような環境でした。
E子は田舎育ちの癖が抜けず、自室に鍵をかけることをつい忘れてしまう。でも、オートロックだから大丈夫。東京ってすごいな。
その日も、鍵をかけずに寝てしまいました。
物音に目が覚め顔をあげると、目の前に大きな人影が見えました。E子が目を覚ましたのに気づいたのか、上から覆いかぶさられました。暗闇に目が慣れると、目の前の人影はマスクをした男でした。口を押えられて声が出ません。手足をバタバタさせてもがきましたが、男に上から押さえつけられて抵抗を封じられました。パジャマと下着をはぎ取られ、E子は犯されました。

自宅こそ「もっとも危険な場所」

2015年の犯罪白書によると、強姦の犯行場所として最も多いのは、住宅で約47.7%を占めます。部屋に上げていた知り合いが豹変して。後ろにぴったり張り付かれ、ドアを開けると同時に一緒に入られてしまって。自分から招き入れた場合と、押し入られた場合の双方が考えられます。
正当な理由がなく人の住居などに侵入した場合、住居侵入罪も成立し刑事事件になります。「侵入」という響きから、強引に押し入るイメージを持つかもしれません。実際には、こっそりと入った場合や騙して部屋に入れさせた場合でも、住居侵入罪が成立し刑事事件になります。
昨今はオートロック式マンションが多くなりましたが、どうして住居侵入ができるのでしょうか。まず、犯人にだまされて居住者が招き入れてしまうということが考えられます。犯人は宅配便業者を装って侵入することもあります。宅急便であればインターフォン越しに送り主を確認して送り主に連絡し、本当に宅配依頼したかを確認する必要があるでしょう。マンション全体のベランダの防水工事をするために来たと言って、作業服を着て侵入した男性に強姦をされた刑事事件もありました。管理会社が手配する立ち入り検査は、あらかじめ事前に書面による通知があるはずです。制服はインターネットなどで簡単に手に入きます。身分証を見せてもらったうえで会社に問い合わせるなどの自衛策が必要となります。「同じマンションの者だ」と言って訪ねてくることもあります。「下の階の者だが、水が漏れている。」「居住者のアンケートを集めている。」「引っ越しの挨拶に来た」ドアチェーンをかけたままで対応すべきでしょう。
住人にまぎれて侵入することも考えられます。入り口で軽く会釈をしてしまえばすんなりと一緒に入ることができてしまいます。1階の植え込みなど、入り口以外の場所から侵入することもできます。オートロックの安全性が好まれて居住者に女性が多いことから、強姦犯人のターゲットになりやすいという側面もあるのです。
そもそもオートロック式のドアが犯罪に対して脆弱であり、徹底的に刑事事件を防ぐ手段としては不十分であるということもあります。

刑事事件弁護士が考えるその他の防犯対策についてもいくつか紹介します。高層階でもベランダに誰かが潜んでいることがあります。窓を開ける際にはよく外を確認してからにすることが重要です。夏の暑い日でも、窓を開け放して寝るのは控えた方がよいでしょう。
鍵は強固なものにして1ドア2ロックを基本とすべきです。出かけるときには、玄関ドアだけでなく、すべての窓に鍵をかけてあるか再確認します。演技でもいいので、ブザーを鳴らしてから鍵を開けたり、「ただいま」と言いながら家に入ったりするというのも有効な方法です。ドアを開けた瞬間に押し入られないように、周りをよく確認してから解錠することや、可能なら表札に男性の名前を併記して、女性の1人暮らしを隠すことも検討すべきでしょう。
顔見知りにも注意した方が安全です。警察庁の統計によると、強姦事件については例年、40%以上が、親族関係、知人・友人関係、職場関係など面識のある関係者による犯行となっています。2014年に検挙された強姦事件の実に50.9%が面識のある者による犯行でした。女性にそんな気はなくても、家に上げてもらったことで性行為の同意が取れたと考える男性が多いことは、留意すべきでしょう。

刑事事件弁護士の一言

「宅配便です」だけでドアをあけない。

強姦・強制わいせつが行われた場所・件数
場所強姦
(平成23年度上半期)
強制わいせつ
(平成23年度上半期)
一戸建住宅52件135件
共同住宅211件570件
道路上34件1298件
駐車場・駐輪場30件188件
都市公園19件75件
空き地10件16件
駅・鉄道施設5件駅・鉄道 28件
列車内 128件
学校(幼稚園)24件
その他181件455件

強姦の多くは屋内で発生している!

このページのトップへ
ご家族のための無料相談24時間受付
事務所紹介
事務所紹介
弁護士紹介
弁護実績
感謝の声
再犯防止の取り組み
弁護士費用
採用情報
お問い合わせ

-逮捕されない・前科をつけない・人に知られない-性犯罪の疑いをかけられたサラリーマンを守る

逮捕前の被疑者とご家族の無料相談窓口03-5532-1112年中無休 24時間受付 東京永田町法律事務所
Copyright ©2011 刑事事件弁護の東京永田町法律事務所 All Rights Reserved.